クロスバイク パンク 修理

初心者のクロスバイクのタイヤのパンク修理をチャレンジしてみます。
まず、クロスバイクのパンク修理をするには空いた穴を確認しなければなりませんが、
原因を探っていては時間がかかりそうなので、勉強がてら、
今回はチューブを交換しようと思います。まず、今回買ったもの。

まず、タイヤレバー(¥600)とチューブ(¥900)を買いました。
タイヤに700×29Cと書いてありました。これは何かと言うと、チューブの寸法は原則としてタイヤの寸法と同一のものを選びます。
700×23-28Cは、呼び寸法が700そして幅が23C~28Cのタイヤに使えるという事になります。

ついでに、タイヤスタンド(¥2500)購入。
でも上手くはまらないなんでだ?いいや、パンクを直そう。
状態はこんな感じ、バルブがもう曲がっています。

では、早速初めてみます。
実は結構楽しみでした。初めての事は緊張しますよね。自転車をバラすのも初めてです。

後輪がパンクしていましたので、ハズれそうな部分を外してみました。意外と簡単に外れてしまい、
チェーンがどうやってついていたもんだか、すっかり記憶がありません。
しかも買ってきたスタンドははめ込む部分のサイズが合わず、後で修正をしなければ使えません。

タイヤレバーをはめて、なんとか外す事ができました。
うん、ここまでは簡単ですね。

チューブは買ってきてはみたんですが、せっかくなので、どこがパンクしたのか調べてみようと思います。
自分の読みは、バルブが物凄い斜めになっていたので、
バルブの根元が壊れているという想定でした。だから、買ってこないと治らないという読みです。

昔、父さんがやってたなぁ。
懐かしい。違うな、親父はやってないな、
となりの伊藤おじさんがやってくれたんだな。

この瞬間は今日一番の感動です。仕事以外の感動と緊張を作るのも大事かも。

さてチューブをはめてみます。写真の右下に小さく金色のキャップがありますよね。
これ、デフォルトだと思っていました。ここが一番しんどかったです。 タイヤの片側半分が外れている状態で、
チューブをタイヤの中に入れ込む事は自分には出来ませんでした。
これみている人でやり方分かる人は是非教えてほしいです。
自分は結局タイヤを全部ホイールから外して、
その中にチューブを入れて、そのセットをホイールに漬け直しました。

ここまで来ると嬉しいですね。しかも日が差してきました。

でも今日はここからも大変だった。チェーンとタイヤがどうやってもどすのか全然分からなかった。
自転車でサーリー乗ってる、先輩に何度も電話する事に。
「自転車逆さにしてみて」の一言で、何故かはまりました。

何とか治るもんですね。
ホントに工具もホームセンターで買ったものしかないなかで、
とりあえず出来ました。スタンドがちょっと気に食わない。
この後、はまる様にはカスタマイズしてみました。
とにかく、触ることは大事ですね。
触る事で新しく、チェーンの回る時の異音が気になる様になりました。
来週の課題はこれで。

投稿者
北海道在住アウトドア・燻製のコピーライター。一眼レフカメラOM-D好き。これから長期的に登山への取り組む為に準備中。
Submit your comment

Please enter your name

Your name is required

Please enter a valid email address

An email address is required

Please enter your message

アウトドアギルド © 2017 All Rights Reserved

Outdoor Guild[アウトドアギルド]は、アウトドアやキャンプ、スポーツ、日々の生活等々を配信するWEBマガジンです。