燻製:ベーコンを作る其の五

前回までの記事

第一回 記事:燻製:ベーコンを作る 其の一(仕込み)
第二回 記事:燻製:ベーコンを作る 其の二(一週間経過 流水編)
第三回 記事:燻製:ベーコンを作る 其の三(さあ燻製だ!)
第四回 記事:燻製:ベーコンを作る 其の四(燻製準備)

 

さて、燻製ベーコンの最後の段階です。
SOTOのスモーカー用温度計(ST-140)も手に入れたし、後は温燻をするだけです。

今回、炭を使ってやることにしてみました。
炭使うと香りとか影響出るんですが手元のある素材で今回は燻製を。 段ボールスモーカーは風が強い日や、一から当日組み立てる時間が少ない場合は結構辛いというデメリットはありますが、とにかくその場ですぐ廃棄出来るという点はメリットですね。
でも、段ボールスモーカーは手作り感がいいスパイスになり、ちょっと美味しく感じるものです。

こんな感じで始めてみます。
当初全然、温度が上がらなくてちょっと焦りました。電熱器代わりに、炭を入れますが中々きちんと火が入らない。
家族で来ているので時間があまりありません。

そこで、今回はSOTOのフィールドチャッカー ST-418を購入し、試してみる事に。
ガスバーナーって初めて使いましたが、これはかなりいいですね。 最初からこれ使えば、かなりの時間短縮でした。

アウトドアにひとつは必ず欲しい1品です。

SOTOのフィールドチャッカーで、いぶし処スモークウッドのさくらをワンカット使用。
最初に、側面に少しバーナーで火をつけてあとはどんどん燻してくれるのでやっと順調に燻製が始まりました。
ここまで来ると、あとは温度管理です。温度は、65℃~70℃がベーコンに適していると言われています。

うん。いい感じですね。 今までよく温度も図らないで作ってたなと、つくづく反省。
今回はベーコンのみで燻製しましたが、チーズや卵等々も一緒に出来ればよかったのですが、やはり量を考えると段ボールは厳しいですね。
もっと手軽に出来る方法も考えないといけないな。

これから、お好みに合わせて1時間~4時間燻製をします。 うん、この待ち時間がまた楽しみなんですよね。

 

【今回使用したもの】
SOTOのフィールドチャッカー ST-418
SOTOのスモーカー用温度計(ST-140)
SOTOスモークウッドこだわり派「老舗さくら」ST-1361

 

第一回 記事:燻製:ベーコンを作る 其の一(仕込み)
第二回 記事:燻製:ベーコンを作る 其の二(一週間経過 流水編)
第三回 記事:燻製:ベーコンを作る 其の三(さあ燻製だ!)
第四回 記事:燻製:ベーコンを作る 其の四(燻製準備)

投稿者
北海道在住アウトドア・燻製のコピーライター。一眼レフカメラOM-D好き。これから長期的に登山への取り組む為に準備中。
Submit your comment

Please enter your name

Your name is required

Please enter a valid email address

An email address is required

Please enter your message

アウトドアギルド © 2017 All Rights Reserved

Outdoor Guild[アウトドアギルド]は、アウトドアやキャンプ、スポーツ、日々の生活等々を配信するWEBマガジンです。

More in 燻製&レシピ
燻製:ベーコンを作る 其の四

前回までの記事 第一回 記事:燻製:ベー...

燻製:ベーコンを作る 其の三

第一回 記事:燻製:ベーコンを作る 其の...

Close