燻製:ベーコンを作る 其の一

キャンプと言えば、私にとって一番大事な事。それは燻製(スモーク)です。

とにかく、お酒が大好きな為、酒の肴を自分で作れるなんて、最高の喜びです。
初めて燻製を作ってみて食べた瞬間の感動が忘れられず、燻製を作る為にキャンプに行っていると言っても過言ではありません。

最近、帯広の燻製ダイニングに行って、更に火が付きました。 今年は色々な燻製作りにチャレンジしてみます。

それでは定番から始めてみましょう。 誰もが愛する「ベーコン」です。 一度作ると、市販のベーコンは食べれたものではないですよね。
今日は、ルスツ高原小麦豚ブロックの豚バラブロックを約1.3kg程度購入してみました。  ルスツ産の豚は非常に柔らかく、道産では大変おいしい豚肉です。

 

 

艶がありますね。非常に楽しみ。 私はお酒を飲むので若干濃い味が好きです。
ただ、最近燻製時間も、少し短めにして素材の味を楽しみたいと思っているので、以下の調味方法で調整しています。

 

豚バラブロック1200g

粗塩:50~80g
ブラックペッパー:20~30g
クレイジーソルト:20~30g

という調味方法です。

通常であれば、三温糖を30g程度入れるのもひとつですが、私はハーブの香りが好きで、クレイジーソルトを入れています。

クレイジーソルトって何???って思う方が沢山いるかと思いますが、100%天然のハーブを使用した岩塩ベースのハーブ&スパイス調味料です。 私はとにかくパッケージが大好きで今でもよく使っています。

 

 

これ、かわいくないですか?? 凄いイメージと香りが好きで使っています。
でもこれ、もうかれこれ数年は台所にあるから賞味期限とかヤバいだろうな。 でも大丈夫っしょ。

 

 

ゆっくり、大事に大事に擦り込みます。 あまり掛け過ぎるのは注意が必要です。 思っている以上に味は染み込みます。
また、燻製する際に匂いが付くと味が強くなります。 少し足りないかな?ぐらいが意外と丁度いいです。

 

私は、もともとジップロック等の袋に入れてましたが、最近はサランラップ派です。 密着度がやはり高い。
一日一回、側面・正面等をコロコロ頃がします。 少し手で揉んで上げて、更に味を染み込ませます。

ここから、約1週間寝かせます。 非常に楽しみですね。

本当に燻製ベーコンはは簡単です。 キャンプ一週間前から心と体が準備出来るので、当日の楽しみが倍増します。

是非、お試し下さい。

次回は、日曜日の5/27に更新予定です。 中間報告致します。

 

 次の記事:薫製:ベーコンを作る 其の二

>過去記事:素材探し:キャンプで燻製編①

 

投稿者
北海道在住アウトドア・燻製のコピーライター。一眼レフカメラOM-D好き。これから長期的に登山への取り組む為に準備中。
2 total comments on this postSubmit yours
  1. あなたがこんな手の込んだことをする、するとは思わなかった・・・
    年をとったのかな?

    • takuya

      Xさん、こんばんわ。 棚橋鉄工所から連絡がありません。
      大丈夫でしょうか?
      燻製【スモーク】はこれから1週間寝かせる予定です。

      1週間後に手作りのスモーカーを作成して、
      桜チップで燻ります。 是非、Xさんもお試しください。

4 total pingbacks on this post
Submit your comment

Please enter your name

Your name is required

Please enter a valid email address

An email address is required

Please enter your message

アウトドアギルド © 2017 All Rights Reserved

Outdoor Guild[アウトドアギルド]は、アウトドアやキャンプ、スポーツ、日々の生活等々を配信するWEBマガジンです。

More in 燻製&レシピ
素材探し:キャンプで燻製編①(チーズ:宗谷ゴーダ編)

さあ、キャンプへの準備をそろそろ始めよう...

自作 スノーピークの様な焚火台を作ってみよう①

ライター:takuya 北海道ももうすぐ...

Close