素材探し:キャンプで燻製編①(チーズ:宗谷ゴーダ編)

さあ、キャンプへの準備をそろそろ始めようか。

北海道はやっとキャンプシーズン。 これからグッズやギアをどんどん集めないといけませんね。
今回キャンプ記事でご紹介するのは、北海道の幻のチーズ「宗谷ゴーダ」です。

私はキャンプに行くと100%燻製作りに没頭します。
1週間前からベーコンの塩漬けをし、水で洗い、夜に干して、チップで燻る。
これは一週間の楽しみが全て凝縮され、
さらに格別に旨い酒のつまみになれば、病みつきになるのも当然です。

ベーコンは1週間前から準備をしましたが、実際他の食材はと言うと、意外と間に合わせで詰め込んだものばかり。

それでも美味しいのが燻製でもありますが、今年は他の食材も絶品で攻めてみましょう。

と言う事で、今回着目したのが北海道の幻のチーズ「宗谷ゴーダ」。 月に20~30個しか販売をしておらず、かなりのレアもの。 今回はとある方に入手してもらい、食してみました。

パッケージも高級感があります。
箔押しされていて、パッケージ自体の厚みも合板で3mm程度あるのでしょうか?
高級感ありますね。 宗谷の塩はマグネシウム・ミネラル共に豊富に含まれ、独自の製法により自然塩にありがちな苦味もまったくありません。
宗谷の海水を海底にて濾過し工場に流入、噴霧状として一気に高温過熱し、水分を蒸発除去した「にがり100%」を有する完全なる自然塩です。
全てを宗谷で作り上げたチーズなんですね。

北海道の浜頓別町で、2か月間じっくり熟成させたチーズのようです。この辺りは酪農地帯として有名で非常に品質の良い乳製品を提供しています。これは期待大。

商品が顔を見せました。 丸いチーズの登場です。
実際の販売価格は、1600~1800円程度と聞いています。  3分の1程度切って、食べてみました。

これはハッキリ言います!
今まで食した物の中でも群を抜いて美味しい!
いきなり見つかった!良い食材!

塩の味と、チーズの風味と、鼻から喉に抜けるチーズの香りが物凄く絶妙。
手作りというのはこんなに迫力を抑えて、優しく美味しいという気持ちを伝えてくれるものなんですね。

これは良い食材に出会いました。 チーズをそのまま切って、ワインと食べ、さらに燻製でお酒に合わす。
最高の夜が見えました。 今年の燻製のチーズはこれで決まり。

さて、次回は燻製作りに本格的にスタート致します。 まずはベーコン、次に生ハム、チーズや魚や…

これから本当に楽しみなシーズンが始まりました。
これから、いいアウトドア情報お伝えいたします。

こちらの宗谷ゴーダ。かなりレアで美味のチーズなので、燻製とは言わず是非まずはそのまま堪能して頂く事をオススメします。
探してみましたが、通販では現時点無さそうです。 うん、これは間違いなく旨い絶品。

 

次回記事:燻製でベーコンを作り始めました。
>燻製:ベーコンを作る 其の一

投稿者
北海道在住アウトドア・燻製のコピーライター。一眼レフカメラOM-D好き。これから長期的に登山への取り組む為に準備中。
Submit your comment

Please enter your name

Your name is required

Please enter a valid email address

An email address is required

Please enter your message

アウトドアギルド © 2017 All Rights Reserved

Outdoor Guild[アウトドアギルド]は、アウトドアやキャンプ、スポーツ、日々の生活等々を配信するWEBマガジンです。

More in 燻製&レシピ
自作 スノーピークの様な焚火台を作ってみよう①

ライター:takuya 北海道ももうすぐ...

Close